2010年12月30日

除夜の鐘が撞きたくて。

除夜の鐘で検索すると有名なお寺がいくつかヒットするのですが、整理券を配っていたり予約が必要だったりお金が必要だったり何人かで撞いたり何百回撞いたり。それに遠いし。

近所で鐘を撞かせてもらえるところを探すことにしました。
ストリートビューやネット検索で調べたところ、近所に5〜6ヶ寺のお寺に鐘があるのを確認。以外とあるものです。とりあえず一つづつ当たって見ることにしました。

一つ目は門が閉まっていて、もちろん「除夜の鐘撞きに来てください」なんて掲示はありません。流石にいいおっさんが呼び鈴押して「除夜の鐘撞かせてもらえませんか」って聞くのは気が引けるので、こんな時のために一緒について来てもらった娘に「除夜の鐘撞かせてもらえませんか」って聞いてもらったところ、「12時にきてくださいね。」って

明日、子供達とホットティー持って行ってきます。


--------------------
sent from WILLCOM 03
posted by 万願寺 at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

「大がっちりマンデー!!」おもしろいあと15分。




--------------------
sent from WILLCOM 03
posted by 万願寺 at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

特定電子メールの送信をしないように求めます。

何がスパムメールかっていう基準は難しいのかもしれませんが、私にとっては、
「複数のアドレスを使用して、同様の文面で、頻繁に送り付ける。」
はスパムだろうと思います。

おそらくそれ用のソフトがあって、小遣い稼ぎのつもりでどこかの主婦かサラリーマンか学生かがしてるのかとは思いますが、犯罪であるかどうかに関わらず、明らかに嫌がらせであって、分別のある人がしていいことではありません。

同一文面で4通も来たため、「アダルトスパムでさえ文面変えてくるぞ」とカチンと来まして(来るとこ違う?)、ドメインから住所調べてお断りのお手紙でも直接自宅へ送ろうかと考えたんですが、それではあまりにおとなげないと考えてやめました。

ま、そんなのから来たメールに、
>※このメールは特定電子メールの送信等に関するガイドライン法第3条第1項
>第4号に基づき「自己の電子メールアドレスを公表」している団体・営業を営
>む個人宛に送信しております。
って文面があったので特定電子メールの送信等に関するガイドラインを調べて見ました。

(特定電子メールの送信の制限)
第三条 送信者は、次に掲げる者以外の者に対し、特定電子メールの送信を
してはならない。
一〜三 (略)
四 前三号に掲げるもののほか、総務省令・内閣府令で定めるところによ
り自己の電子メールアドレスを公表している団体又は個人(個人にあっ
ては、営業を営む者に限る。)
2・3 (略)

施行規則
(自己の電子メールアドレスの公表の方法)
第三条 法第三条第一項第四号の規定による自己の電子メールアドレスの公
表の方法は、自己の電子メールアドレスをインターネットを利用して公衆
が閲覧することができる状態に置く方法とする。ただし、自己の電子メー
ルアドレスと併せて特定電子メールの送信をしないように求める旨の文言
をインターネットを利用して公衆が閲覧することができる状態に置いたと
きは、この限りではない。

これをよりどころに、犯罪じゃないからいいやと嫌がらせして来たのかと思い至り、公表しているアドレスの下に

「特定電子メールの送信をしないように求めます。」

って一文を追加しました。
っていうか、こんなガイドラインに従わずとも、普通の商習慣で、毎日何通も同じ内容のメールを送り付けることはありえないやろうと思います。

分別のある普通の人は、そういうことに手を出さないようにしてください。


--------------------
sent from WILLCOM 03
posted by 万願寺 at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

絶版漫画が読みたい

TWO-KISSでぐりさんが紹介しておられる、絶版漫画共有システムJコミ。すばらしいですね。

ぱっと見は、すごく怪しげ。
・主催者である漫画家赤松健さんのラブひなしか登録が無い。
・ユーザーがスキャンして登録する。
・漫画家の許可をとる。

著作権者の許可をとったユーザーが投稿してるんだと主張して売り上げの一部をちょろまかすんじゃないかと思ってしまいましたが、赤松さんのブログを読んでみるともっとちゃんとしてるみたいです。

ただ、「空のきもち」をHP公開できたらいいなと考えた時に、集英社へ連絡したのですが、集英社経由ではあきの香奈さんへ確認していただくことはできませんでした。

絶版漫画家へ連絡するのは結構難しいと思いますし、その方が真の著作権者本人であるという確認はもっと難しいとは思います。

しかし、Jコミは電子ブック出版なんかよりずっと素晴らしいし、赤松さんには頑張ってほしいと思います。



--------------------
sent from WILLCOM 03
posted by 万願寺 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

おうちでクリスマス

ディケンズのクリスマス・キャロルと言えば、学生の頃、説教じみた話を英語で読まされたという記憶しかなく、もちろん英語はいつも欠点ばっかりでしたので、物語の素晴らしさなど理解しようもなくちんぷんかんぷん。

あれから何十年が経ち、いろんな経験をし、音楽や映画など英語に接する機会も増え(意味は相変わらずわかりませんが)、ディケンズアレルギーも消えた頃に、

Disney'sクリスマス・キャロル
http://disney-studio.jp/disney/special/christmas-carol/

今だから、今のアメリカや今の日本や世界のことを考えたりしながら、みかんを食べながら観たいなと思います。
posted by 万願寺 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

黄色いキャップのアロンアルファ

101128-152643.jpgzazさんの瞬間接着剤はぼったくり商法かの意見に賛成。どんなに蓋を上手に閉めても、しばらく経つと頑丈に接着されてしまいびくともしません。なんで肝心なところはくっつかないのにこんなとこだけと思います。

ところが、これはすごい。

コニシ アロンアルファ EXTRA耐衝撃2g

普通のアロンアルファが(蓋が固まって)1回しか使えないのに、これは何度も使える。仕掛けは黄色い蓋。これが簡単に開けられて固まらない!!
接着剤の蓋として当たり前の機能なんだけど、考えついた人はすごいなあと思います。

オリジナルより価額は高いのですが、満足度は比較になりません。
一度お試しください。
もし万が一即効で蓋が固まっても責任はとれませんが(^^;
posted by 万願寺 at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

ワード2007なんてだいきらい。

初めて買ったワープロ専用機は、たしかカシオ。それからキヤノンのキャノワード、富士通のオアシスなどを経て、専用機からパソコンソフトになってからもしばらくはオアシスを使っていました。

ところが、各社各様のパソコンがMSに一掃されるにつれて、標準の文書は.docに統一されていきました。もともと.docはアプリの説明のためにプレーンテキストで添付されてる文書のはずだったのに、秀丸やVZから勝手にワードが起動するようになってしまって。

仕事ではワードを使わざるを得ないにも関わらず、無茶苦茶使いにくい。Word processorとしての評価は、英語の文章を書く機会が滅多にないためわからないのですが、日本語ワープロとしては、最低以下の使いにくさでした。(私的見解)
その後、いろいろ改善されて、楽しい文書を作れるようになったのかどうかは知りませんが、相変わらず、仕事に使えないワープロナンバーワンは不同。

ま、そんな文句をいいながらも数年、ワード2003を使いつづけてきたのですが、やはりワードを超えるのはワードしかなくて、2007はさらにすごい。それでも家のパソコンでは2003のメニューを表示するアドインをインストールしてごまかして来ました。

しかしとうとう会社のパソコンも2007。アドインを勝手に入れるわけにも行かず、途方にくれる今日この頃。


--------------------
sent from WILLCOM 03
posted by 万願寺 at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

流行物でアプリ開発

へぼの壷とこの記事経由でmizuno-amiさんApple
iPod touch
を購入され、さらにNS Basic/App Studio $99.95を購入されたっていうのを知りました。

さらにへぼの壷さんは脳力活性 for iPhoneをリリースされています。

アプリを開発してて何が楽しいかって、やっぱり使ってくださった方の反応を感じられることであり、流行りものでの開発はそれだけですごく楽しそう。

NSB/APPで開発するにはiPod touchがいるかなと私も検討はしてるんですが・・・
NSB/APPのデモ版をパソコンにインストールして試して見たところ、NSB/CEの拡張子NSBファイルは読み込めませんでしたので、どうやらCE上でモバイル開発して/APPに読み込んで変換っていうのは無理そうです。

通勤開発をしたい私には魅力半減でした。NSB/CE9あたりでEXE形式とともにJavaScript形式も作成できる機能が追加されたらいいのに。


デスクトップ上でNSB開発するなら、デバイス上でJavaScriptをガシガシ書いた方がいいかなと思って、「はじめてのJavaScript」を図書館で借りて来ました。


--------------------
sent from WILLCOM 03
posted by 万願寺 at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | NS Basic/CE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

冬準備のアゲハの幼虫

101204-094238.jpg先週撮った写真。
まだいるかなと山椒の木を見てみると、ちょうど青虫がいたあたりに蛹の抜け殻。また食べられたのかと心配したのですが、他の枝に、黄色い山椒の葉に囲まれてじっとしている青虫を発見。

春に生まれ変わるための冬仕度。早く食べて蛹にならないと、黄色い山椒の葉も茶色くなってしまうのにと心配しています。
posted by 万願寺 at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

iPhoneアプリをNS Basicで開発?

iPhoneが巷で流行ってるみたいですね。何を今更といわれそうですが、以前は「ああ、この人なら」って人が持ってましたが、最近は「えっ、この人も」って人まで持ってて、思わず「いいんですか」と聞いてしまいそうになります。使ったこともないのに本当に失礼。

我が愛するNS Basicにも、やっとというか、とうとうというか、iPhone.android用が正式発売になったようです。

NS Basic/App Studio
http://www.nsbasic.com/app/

NS Basicの力の入れようはすさまじく、NS Basic社のメインページにアクセスすると自動的にApp Studioのページに飛ばされてしまいます。CE他のバージョンは近々見捨てられてしまうのでしょうか・・・今はかろうじてリンクをたどればページに行き着くことはできますが1年ほど更新もありませんし。

iPhoneのアプリというのは、iTunes経由じゃないと配布できないので、素人ネットでお気楽にというのは無理だと思っていたのですが、へぼの壷さんの実は存在するMac版脳力活性って記事で、年間$99かかるってのを知りました。

ところがこのNS Basic/App StudioはiTunes経由じゃなくても、お気楽にネットでアプリが配布できるようです。
iPhoneみたいなメジャーな媒体でアプリを開発したことがないためあこがれますが。


--------------------
sent from WILLCOM 03
posted by 万願寺 at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | NS Basic/CE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする