2015年09月20日

バリスタの水漏れし出したので分解修理してみました。


数日前からネスカフェのバリスタが水漏れします。
とっくに保証期間も切れていますし修理に出せば7000円と新品を買うよりも高くつきます。
こちらのページを参考に破壊を覚悟で修理することにしました。

何とか分解に成功、原因個所の特定、水漏れ防止措置を施して試運転したのが上記の映像。
水を制御するのは難しい。新しいバリスタ買いに行ってこようと思います。

修理のための工具及び材料購入に費やした額約2千円也。
修理のための買い出し及び修繕に費やした時間約3時間。
posted by 万願寺 at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボット・工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月18日

やつがれのブログは検索サイトから抹消されてしまったのでありましょうか・・

細々とながら十数年も書き続けてきたおかげか、いろいろとマニアックな検索ワードでは当ブログが検索サイトの上位に表示されていました。たとえば「万願寺境内」、「あきの香奈」、「nbasic」など。「万願寺境内で検索してもらったら一番上に表示されますから」などと(自慢げに)紹介出来ていたわけです。

ところが、本日検索をかけてみると、まったく表示されません。ランクが下がったどころか、完全に抹消されてしまったようで、ココログの旧万願寺境内は表示されるのにhttp://manganji.seesaa.net/はひとつも表示されません。

もしかしたら、あまりにもつまらなさ過ぎるということで、有害サイトに指定されてしまったのかもしれません。得も無いけど害もないので、ますますほそぼそと更新していきます。よろしければまた見においでください。


--------------------
sent from WILLCOM 03
posted by 万願寺 at 16:44| Comment(1) | TrackBack(0) | パソコン・インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月03日

ぽちさんの「冬至祭りの夜明け」の絵がすばらしい

たまたまネットで見つけた絵なんですが、あんまりすばらしく感動しました。こういう暖かい灯かりの中で人の暮らしが描かれてるって郷愁を誘われて好きなんです。残念ながらネットで公開しておられるのは縮尺版で印刷しても細部がつぶれてしまいます。実物を買いたいなと思っているんですが、どこで入手できるのかわからずにいます。

ぽちの家
http://blog.livedoor.jp/poti1990/

鉛筆デッサンから完成までの解説がしてあるんですが、抜粋してみると、

>窓明かりの塗り方!
>・ガラスの部分だけくり抜く
>・階層一つ下のレイヤーに室内の灯りを塗りこむ
>・光源に合わせて窓枠や周辺の壁に反射光を塗る
>・不透明度を10〜30%くらいまで下げた加算発光レイヤーで、光源にあった色のエフェクトを上から軽くかける
>という4段階で描いてます。

さっぱりなんのことかわからない。
色を混ぜて塗り重ねていく従来の絵の描き方とは、大分違ってきたんだなあと思いますが、コンピューターグラフィックとはいえやっぱり絵心と感性が大事だと気づきます。


--------------------
sent from WILLCOM 03
posted by 万願寺 at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月02日

銀行は何をみてお金を貸してくれるのか。


「中小企業再生への金融機関本部との連携・交渉術 税理士・公認会計士による経営改善計画策定支援」という、長く難しそうなお題の本。何か、よっぽどのことでもなければ手を出さなさそうなんですが、機会があって共著者の中村文子先生の講演を聞くことが出来ました。で、あらかじめ本でも読んでおこうと図書館で検索したのですが在庫がなく、やむなくアマゾンで購入しました。

公認会計士中村文子先生はイメージしていたよりもかわいらしい方で、2時間の講演中ずっとみ惚れていたんで話をあまり聞いてなかったんですが、本はすごく面白い内容でした。

銀行は会社の何をみてお金を貸してくれるのか、借りるのにはどうすればいいのか、ということが会話形式で説明されていくのですが、まるでミステリーのように序盤で融資に関する謎がちりばめられて、終盤見事に解決されていくさまは痛快でもあります。銀行融資に関して経験や知識がなくとも十分ドキドキを味わえます。

税理士、公認会計士はもちろん、会社の社長さん、経理の方、銀行関係のかたなど、気楽に読んでいただきたい本です。題名ほど堅くありません。


--------------------
sent from WILLCOM 03
posted by 万願寺 at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする