2014年03月20日

魔界へ裸で入っていく人たちが心配です。

私が初めて魔界への窓を開いたのは、ニフティ通信でした。
入る時にはニックネームとパスワードを決め、自己紹介をしますが、もちろん本名などは名乗りません。すごく魅惑的な世界ではありますが現実社会ではなく、魔界ですから。飲み込まれたら魔になります。

魔界はどんどん成長し、人もどんどん増えました。現実社会を持ち込んで商売をする人や、魔界を利用して現実社会で儲けようとする人たちも出てきます。そういう人たちは本名を名乗りますが、魔が入り込まないようにガードをします。

ガードしそこなって魔がさす人や、何もせずに魔に食われる人たちもたくさんいるようです。それぞれの現実社会の何が大事か、どこまでは魔に食わせても良いものか、自分でちゃんと考えて魔界とは付き合っていきたいもの。

世間では、魔界のことをインターネットと言って正体もさらして丸裸で入って行く方もおられますが、魔界は魔界。使いようによっては便利ですが、現実を持ち込めば魔に食われます。

ご用心。


ただ最近は、頭まですっぽりネットに浸かったまま、駅のホームや階段を歩いている人たちが増えています。もしかしたらもうすでに、こちらの世界が魔界なのかもしれません。


--------------------
sent from WILLCOM 03
posted by 万願寺 at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック