2015年09月03日

ぽちさんの「冬至祭りの夜明け」の絵がすばらしい

たまたまネットで見つけた絵なんですが、あんまりすばらしく感動しました。こういう暖かい灯かりの中で人の暮らしが描かれてるって郷愁を誘われて好きなんです。残念ながらネットで公開しておられるのは縮尺版で印刷しても細部がつぶれてしまいます。実物を買いたいなと思っているんですが、どこで入手できるのかわからずにいます。

ぽちの家
http://blog.livedoor.jp/poti1990/

鉛筆デッサンから完成までの解説がしてあるんですが、抜粋してみると、

>窓明かりの塗り方!
>・ガラスの部分だけくり抜く
>・階層一つ下のレイヤーに室内の灯りを塗りこむ
>・光源に合わせて窓枠や周辺の壁に反射光を塗る
>・不透明度を10〜30%くらいまで下げた加算発光レイヤーで、光源にあった色のエフェクトを上から軽くかける
>という4段階で描いてます。

さっぱりなんのことかわからない。
色を混ぜて塗り重ねていく従来の絵の描き方とは、大分違ってきたんだなあと思いますが、コンピューターグラフィックとはいえやっぱり絵心と感性が大事だと気づきます。


--------------------
sent from WILLCOM 03
posted by 万願寺 at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/425249522
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック