2016年12月19日

WindowsUpdateは忍耐勝負

普段持ち運びできるパソコンをと思い、ポータブックを買いました。このパソコン副記憶装置が30Gあまりしかないため、WindowsUpdateするにも容量が足らない状態。32GBのSDカードを差し込んでなんとかアップデートが始まりました。

ところが、「更新プログラムを構成しています 0%」の表示のまま数十分待っても進展がない。やむを得ず電源を強制切断したんですが、ネット等で検索してみると「4時間はまたないと」との意見。
再度アップデートに挑み、何度も強制切断の誘惑と戦いながら、1時間あまり経過した頃、1%に進みました。やっぱり我慢が大事だなとそのまま就寝。起きて確認したら9%まで進んでいました。このまま行けば5日間でアップデートできます。けっとばして強制切断しそうになるのをぐっと我慢。

するとその後数分で100%に達し、処理も順調に進展し、無事アップデートが完了しました。
昔からわかっていたことですが、パソコンと付き合って行くには、「せっかちは敵忍耐が大事」だということを再認識しました。
(そんなユーザーの気持ちが開発者に伝わればいいのに)


--------------------
sent from WILLCOM 03
posted by 万願寺 at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445048055
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック