2007年07月10日

ウォークラリーライブラリ Ver.0.2(NS Basic/CE@W-ZERO3[es])

【名称】
ウォークラリーライブラリ Ver.0.2


【概要】
歩数管理ソフト。万歩計でよくある、歩数を距離に換算して「東京から京都まで歩きましょう」ってやつです。ただし万歩計のように歩く歩数を計る機能はありませんので、昨日歩いた歩数を入力する必要があります。


【開発環境】
NS Basic/CE version 6.5.3
W-ZERO3[es]


【インストール/アンインストール方法】
(1)インストール
NS Basic/CEのランタイムが必要です。
NS Basic/CE Downloads(http://www.nsbasic.com/ce/support/downloads.html)からRuntimeFat.ppc.exeをActiveSyncインストール済みパソコンにダウンロード(W-ZERO3の場合)し実行してください。
WalkRally.zipをW-ZEORO3に任意のファイル名でダウンロード後、解凍ツールで展開します。
WalkRally(WalkRally.nsb)をファイルエクスプローラーから実行すると起動します。
(2)アンインストール
WalkRally.nsb WalkRallyL.nsb WalkRallyD.csv WalkRally0.dat WalkRallyS.ini(初回起動時に作成)を削除します。


【操作方法】
(1)画面に表示されたテンキーから昨日の歩数を入力します。
横表示にした場合及びW-ZERO3[es]の場合はキーボードからの入力が可能です。
(2)歩数入力後「bye」タッチで終了。また明日。


【ライブラリの使用方法】
次のファイルをウォークラリーライブラリと同一のフォルダに用意することにより、独自のウォークラリーソフトを作成することが可能です。(ファイラ、テキストエディタ、グラフィックエディタがあれば、NS Basic/CEが無くとも作成できます)

〔1〕ToukaiDo.nsb(プログラム本体)
〔2〕ToukaiDoD.CSV(通過ポイントデータ)
〔3〕ToukaiDo0.DAT〜ToukaiDo5.DAT(画像)

〔1〕ToukaiDo.nsb(プログラム本体)
WalkRally.nsbをファイラ等で複写しファイル名を変更してください。
ファイル名(ToukaiDo)は任意。桁数の制限はありません。拡張子はnsbです。プログラム内容は変更する必要はありません。

〔2〕ToukaiDoD.CSV(通過ポイントデータ)
プログラム本体のファイル名(ToukaiDo)の末尾にD。拡張子はcsv。
ファイルの内容は次のように作成してください。
====ToukaiDoD.CSV ここから========
日本橋,にほんばし,0,江戸,東京都中央区
品川,しながわ,7.9,武蔵国荏原郡,東京都品川区


大津,おおつ,481.9,近江国滋賀郡,滋賀県大津市
京都,きょうと,493.7,京,京都市東山区
京都,きょうと,493.7,京,京都市東山区
====ToukaiDoD.CSV ここまで========
1行目に出発地、2行目に最初通過ポイント、3行目に2番目の通過ポイントというように記入していき、最後の通過ポイント、到着地、到着地と記入します。到着地だけ同内容で2行記入します。
各行には5つのデータを記入します。
====データ記入内容 ここから=======
ポイント名1,ポイント名2,出発地からの距離,ポイント名3,ポイント名4
====データ記入内容 ここまで=======
それぞれの画面上での表示位置は次のとおりです。
----------------------------------
ポイント1(5文字) ポイント3(11文字)
ポイント2(5文字) ポイント4(11文字)
----------------------------------
特に出発地と到着地のポイント3は、それぞれ出発地、到着地として画面に表示されますので4文字以内で記入してください。

〔3〕ToukaiDo0.DAT〜ToukaiDo5.DAT(画像)
プログラム本体のファイル名(ToukaiDo)の末尾に0からの連番(0〜9)。拡張子はdat。
中身はJPEG画像ファイルですので、拡張子DATをJPGに変更すれば画像閲覧ソフトで見ることができます。
画像ファイルの作成方法は次のとおり。
(1)出発地、通過ポイント、到着地の画像を用意します。「東海道〜」3の場合、江戸1枚、宿場53枚、今日1枚の計55枚
(2)各画像を240×150にリサイズします。
(3)各画像を縦5段、横2列に連結します。
_________
|_0_|_5_|
|_1_|_6_|
|_2_|_7_|
|_3_|_8_|
|_4_|_9_|

(4)連結画像をJPEGで保存した後、拡張子をDATに変更します。
もしオリジナルのウォークラリーライブラリが出来ましたら、教えていただけるとうれしいです。
ライブラリに関する意見等ありましたら万願寺まで。

【取り扱い上の注意】

【その他】
W-ZERO3[es]で動作を確認しています。
kentamanさんに以下の機種での動作を確認していただきました。
iPAQ rz1717 (2003SE)
X01HT (Mobile 5)

当アプリはフリーウェアです。
もしよろしければご感想などいただけるとうれしいです。
インストールの仕方が面倒くさくて申し訳ありません。


posted by 万願寺 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | NS Basic/CE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。