2017年03月29日

天寧寺の五百羅漢像

写真.JPG天気もよくあたたかい日だったので、仕事をサボってバイクで天寧寺へ行ってきました。

受付で400円を払って五百羅漢像のお堂へ入ると、三方に羅漢さんが天井近くまでぎっしりと並んでいて圧倒されます。ほかに誰もおられず一人だけで静かにじっくりみてまわることができました。いろんな顔や格好の羅漢さんがいて、次回は上の方まで観られるよう双眼鏡を持ってこようと思いました。

魚やウサギを抱えたり、立ち上がったり踊ったり大笑いしたり。すごいのはお腹を開いて中から顔を出しておられるのまで。気に入ったのは蓮の葉をかぶった羅漢さん。

写真を撮らせていただいて(許可をいただいたらどうぞどうぞとのこと)帰ってからノートに落書き。仕事をサボったりノートに落書きしたりに疾しさを感じてしまうのはお勤めがながかったためでしょうか。
posted by 万願寺 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 彦根とご近所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

今日の彦根城

写真 1.JPG写真 2.JPG写真 3.JPG降り続いた雪もやっと一段落ついたようです。雪景色も、日がてるとほっとします。
posted by 万願寺 at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 彦根とご近所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

原付自転車買いました。

写真.JPG時間に余裕があった(閑)ので出張は電車かバスか徒歩。歩くのは30分でも1時間でも苦にはならなかったのですが、だんだんと歩いている時間がもったいなくなってきたのでバイクを買いました。一気に活動範囲が広がって、FFで例えるとチョコボを手に入れた気分です。

今日は少し遠出。稲のにおい、風のにおい、道路のでこぼこを感じながら、約束の時間より早くつきすぎたのでちょっと寄り道していきました。
posted by 万願寺 at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 彦根とご近所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

彦根の桜はいまが満開

写真.JPG大阪の桜は既に満開を越えて、散った桜と散る桜で一面が桜吹雪の天気。彦根城のお堀も染まっているだろうかと、土砂降りの中堀端を歩いてみました。
満開の桜は今が盛りで、この雨風にも散り始めてはいませんでした。今度の週末が絶好の花見日和となりそうですが、彦根インターからお城へは相当渋滞しそうです。
posted by 万願寺 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 彦根とご近所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

今日は、真白な彦根でした。

写真.JPG大雪を覚悟してたんですが朝起きたら大阪は良い天気。とはいえ、彦根まで行くのは無理かなと思いつつ、どこかで電車が止まったら引き返そうと乗った新快速は順調に運行し、彦根に到着。野洲あたりまではまったく雪がなかったのですが、駅を出たとたん真っ白。

30センチ超の積雪は降ったばかり。路地(雪の日は大きい道路沿いは歩道の雪があいていないため)を通って数度転びそうにながらも事務所へ到着。ズボズボと玄関まで入って、朝一の仕事は雪解けでした。

昼には日もさしてきましたので、週末にはすっかりとけてなくなるでしょうから、白い彦根観光は明日がおすすめ。
posted by 万願寺 at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 彦根とご近所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月06日

彦根城の桜は今が盛り。

写真.JPG朝は堀端を出勤しています。曇り空の日は桜色がますます綺麗。
posted by 万願寺 at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 彦根とご近所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月30日

佐和山から見下ろす彦根の城下町。

150326-165853.jpg佐和山城跡へ上ってきました。4時半頃に清涼寺の山門を抜けて、薄暗い墓地と細い山道を抜けて、5時頃に城跡に。整備された広場には、石垣も礎石もなかったのですが、後ろには伊吹山、前には彦根の街と琵琶湖が広がり、向うには雪を被った比良山系。井伊さんが彦根城に移った時に佐和山城を徹底的に廃城にした気持ちがわかるような気がします。

もう少し城跡にいて、沈む夕日をみたかったのですが、懐中電灯を持っていなかったのと、あの山道と墓場を真っ暗闇で抜けるのにはすこうし怖かったので、日が暮れる前に駆け下りました。

彦根が桜色になった頃、また上ります。
posted by 万願寺 at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 彦根とご近所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

石田三成への思い、佐和山遊園。

写真.JPG佐和山美術館(滋賀県彦根市古沢町)で検索すれば出てきます。国道8号線を彦根から米原方面へ坂を上ったトンネルの手前、道路の右側にお寺のようなお城のような建物がそれ。「佐和山遊園、入場無料」
佐和山城は石田三成の居城。

ネットでは「佐和山遊園」でいくつか紹介記事が出てくる、知る人ぞ知るコアなスポットのようです。何度か前を通り過ぎたことはあるのですが、初めて行ってきました。

いかにも素人がつくった施設だなあと馬鹿にしながら歩いていたのですが、仏像の一体一体、天井画、城に至るまで、その思いの込め方はすごいものがあります。

三成の生涯を描いた絵が飾ってあったであろう石の額は、背丈ほどの草に埋もれていました。どうしてもそれを見たくて、妻子の静止も聞かずブロックによじ登って写真を撮っていましたところ、案の定落ちて、両膝、両手、肩を負傷してしまいました。絵は、別のところに保管してあったようで、いずれまた公開されるようになったら見に行きたいと思っています。


帰って、なじみの整骨院へ行ってレントゲンを撮ってもらったところ、右手が骨折していました。もし、「佐和山遊園」へ行かれる方がおられたら、馬鹿にせず真摯な気持ちで、間違ってもブロックにのぼったりされないようご注意申し上げます。
posted by 万願寺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 彦根とご近所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

春の琵琶湖

img473Y.jpg日曜日。彦根城へ桜を見に行って、晩ご飯を国道沿いの「しるまん」で食べて、店の裏へ出てみると見事な夕焼け。すごく穏やかな湖の向こうの山に太陽が沈んでいきます。うちの子二人はひたすら石投げに興じていました。
(サイズが1280x1024 108KB有りますので、モバイルの方はクリックするときは覚悟してください。)
posted by 万願寺 at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 彦根とご近所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

広重とひこにゃん

img179.jpg佐川美術館の広重展行ってきました。入館料は大人1000円と小学生300円ですがJAFカードで200円づつ割引。

去年千葉であったやつみたいで、二大街道浮世絵展カタログも購入してきました。二街道以外に江戸近郊八景、近江八景すべて収録で1ページ1枚解説付き総240ページ2300円という値段はお買い得ではないかと思います。
(ついでに彦根城のキャラクターの絵本も購入)

で、帰りはやっぱり琵琶湖博物館へよってザリガニつり。入館しなかったので駐車料550円(入館したら無料)だけ払ってでてきました。

北斎・写楽・歌麿展
若冲展
ダリ展
とまだいろいろ行ってみたいのがあります。
posted by 万願寺 at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 彦根とご近所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする