2016年04月24日

無性にゆで卵を食べたくなるときがありませんか?

image.jpegそんな時、
冷蔵庫から卵を出して、常温に戻す間に鍋で卵が隠れるほどの湯を沸かし、沸騰してから卵を入れ10分茹でる。
ああ、食べられるのは30分後だなーと考えて、あきらめていました。
だって、今食べたいのであって、食べたくなる30分も前に、30分後にゆで卵を食べたくなることに気づくわけがありませんし、食べたい気持ちを30分も維持できるとも思えません。

しかし、こんなレシピに出会いました。
★基本【ゆで卵】 節水!時短!簡単!省エネ! レシピ・作り方 by どんぐり0番地|楽天レシピ
http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1660001360/

手順はこう。
冷蔵庫から出したばかりの卵を蓋付鍋(もしくはヤカン)に入れ1センチほど水をはり火にかけ強火で沸騰させる。沸騰後蓋をして中火で3分、火を止めて5分で出来上がり。熱いのを我慢して(指を水で冷やしながら)殻を剥く。

今回は半熟が食べたかったので火を止めて4分。思いたってから10分足らずでいただけました。満足。少し指先がひりひり。
posted by 万願寺 at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

懐かしい人の視線を感じて振り返ると

160321-104300.jpgサークルKの前を通り過ぎようとした時、ななめ下から懐かしい視線が。ん?と振り返ると数十年前の沢田聖子さんのポスターがでかでかと貼ってあり、二度見した上写真まで撮ってしまいました。

30数年前、ニューミュージックが流行った頃デビューした、沢田聖子という歌手をご存じの方がどれだけおられるでしょうか。その、30数年間のアルバムが再販されるキャンペーンのポスターでした。

店内へ入ってチラシを探したのですが見つからず、レジのイケメンのお兄さんに(多分知らないだろうな、と思いつつ)勇気を降り絞って尋ねると、カウンターの下にあるのを教えていただけました。
悪いことをしてるわけでもないのに、こんなにコンビニでドキドキしたのは初めてです。「恥ずかしい」という感情があったのかもしれません。申し訳ない>沢田聖子さん

サークルKサンクス 沢田聖子キャンペーン|沢田聖子オフィシャルブログ「In My Heartな旅日記」by Ameba
http://ameblo.jp/shoko-sawada/entry-12135658256.html


MEG-CD 沢田聖子 豪華プレゼントが当たるキャンペーン実施中!
https://ckec.jp/pc/dynamicContents.do?___SHOP_NO=00000003&f=megcd_sawada
posted by 万願寺 at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

中綴じ用にトランスフォームするホッチキス


文房具は結構好きなんですが、その中でも気に入っているのが、このホッチくるです。
ど近眼でほとんどいいことなんてないんですが、唯一老眼の影響が少ないのは利点。そのため小さい字に抵抗がなく、A4二つ折りの冊子印刷をよく利用していたのですが、これを入手して、本当の冊子が作れてしまうのは感激でした。

見た目は普通のホッチキス。それもプラスチック製で軽く、安物感がにじみ出ているのですが、ツートンのグレーの部分を90度カチっとすると、中綴じ用フォームにトランスフォーメーションします。もう、変形ロボットのかっこよさです。
コピー紙で15枚しか綴じることが出来ませんが、最大15×4=60ページの冊子が完成します。


--------------------
sent from WILLCOM 03
posted by 万願寺 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

見たこともない野菜いただきました。

写真.JPG色も形状もそれほど珍しくはない。色は絵の具の黄緑色そのものだし、形状もフラクタル図形。CGで描いたカリフラワーと言われれば、「もう少しリアリティを出した方がいいんじゃないか」と言いたくなるほど完ぺきな色と形。ただ、これが本当に食うことが出来る野菜だということにびっくりです。

カリフラワーの仲間のロマネスコという野菜で味はブロッコリーににてて少し甘みが強いとのこと。まだ食っていませんが、とりあえず茹でてマヨネーズでしょうか。

何かを掛け合わせて人口的に作ったのではなく、結構昔からあった野菜だそうですが、自然というのは想像を超えて数学的です。
posted by 万願寺 at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

30数年ぶりの同窓会行ってきました。

160110-090450.jpg高校は地元の進学校で、すっかり落ちこぼれていた私は、人生について考えてる時期だったので、同級生には記憶にないかうっとうしかったかいずれかだろうと思っていたのですが、意外とたくさん落ちこぼれていると感じていた子が多かったと聞いて、結構みんな同じところで悩んでいたんだなあと、懐かしかったです。

みんな、やさしくてかわいくてたのしくて、高校生に酒を与えたような盛り上がりになって、翌朝目覚めたらこんな景色が・・・

いやいや、ちゃんと実家の布団で目が覚めました。幹事ほか出席された皆さんにはお世話になりました。先生ありがとうございました。また誘ってください。
posted by 万願寺 at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

採れたていちごをいただきました。

写真.JPG従弟がいちご農家を始めて、初出荷となるいちごをいただきました。
毎日畑に通い頑張って育てているとは聞いていたのですが、こんなに立派に育てていたとは、完全に見くびっていました。ごめんなさい。

味も歯ごたえもしっかりしていて、すごくおいしかったです。
普段スーパーのイチゴしか食べないもんでわかりませんが、本当においしい苺はどれもこんなものなのかもしれません。そんな競合のなかで戦っていくのは大変ですが、応援しています。

今度はちゃんと買います。
posted by 万願寺 at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

狼人間のオフ会?

写真.JPGとある場所で、こんなん見つけました。
残念ながら開催はされなかったようです。
さすがに、然う然う狼人間がそこらにいるわけじゃなく、メンバーが揃わなかったのかもしれません。
posted by 万願寺 at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

事務所に飾る絵をもらったのですが・・

写真.JPG事務室の壁紙をはりかえて、きれいにはなったのですがやや殺風景。と言うわけで父が絵を2枚持ってきてくれました。
1枚はワイヤーで壁につるすことが出来たのですが、もう1枚の絵は、額縁が立派すぎて、壁の桟が過重に耐えられそうにありません。
というわけで、まだ床におきっぱなしです。雨漏りしたら大変なので、早めになんとかしなければ・・・
posted by 万願寺 at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月11日

大根いただきました。

写真.JPGお客さんから大根をいただきました。先日は別のお客さんからお米をいただいてしまいました。ありがたいことです。お返しできるように頑張らねば。

「大根の葉っぱがいっぱい付いてる」と、大根の葉のみそ和えが好きな娘が一番喜んでいました。
posted by 万願寺 at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

愚痴です。

楽天予約をしたK温泉のK

一人都合が悪くなって3人に電話変更しました。返金額がその場で不明だったので後日電話で確認してみると、4人の合計より3人の合計料金の方が高いので追加料金が必要とのこと。じゃあ、4人のままでって言うと、もう変更したので無理だと、けんもほろろ

楽天で予約状況確認してみると、人数は4人のまま料金だけ3千円ほど高くなっていました。なにがなにやら。

宿泊日が近づくに従って料金が高くなっていくシステムのため、キャンセルさせた方が高い料金で泊めれるため、売上が見込めるとの計算かと。
もちろん、宿の経営のためを思ってというわけではありませんがキャンセルしました。

レビューはよかったんですけどねえ。わからんもんです。
泊まる前に気づいたのがせめてもの救い。実害はありませんでしたので。


--------------------
sent from WILLCOM 03
posted by 万願寺 at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月26日

8月25日 14:58発網干行きは何時頃草津駅へつけたのでしょうか・・・

150825-191708.jpg昨日はえらい目に会いました。
東京では電車が4時間止まって何万人の通勤客に影響があったとニュースで伝えていましたが、琵琶湖線では米原から能登川まで5時間半(通常20分)かかっても何のニュースにもなりませんでした。多分数十人の通勤客にしか影響なかったのかも知れません。

野洲川で風速25mを超えたため運転見合わせとのことで、台風来てるのに回復するわけないと思いながら、「電車で夜明かししたら話しの種になるかも」と顧問先でいただいたビスケットで我慢してたんですが、結局実家へ電話して車で迎えに来てもらいました。

帰ってきて交通情報をテレビでみても、琵琶湖線は断続的に運転見合わせと表示されたまま。はたして、14:58発網干行きは何時頃草津駅へたどり着けたのでしょうか・・・
posted by 万願寺 at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

暑さのために、フロントガラス 割れました。しょしょ

IMG_4950.jpgお盆を過ぎたら秋風が吹いて、大分すごし易くなったなあと思っていたのですが、8月23日処暑。朝から暑い日で、DAIGOさんも大変だなあなどと話しながら車を運転していると、ボッという低いしかしそれほど大きくない音。フロントガラスに大きなひびが走っていました。

先月、信楽の国道を走っているとき、飛び石が当たってフロントガラスに傷がついたのですが、隅の方で邪魔になるわけでもなく、様子をみてみましょうということになっていました。暑さによるストレスがその傷には耐えられなかったのでしょう。

あと数日乗り切れば、涼しい秋が来たのに・・・。
ほんのわずかな傷がこの暑さで致命傷になることがあります。みなさんも「ボッ」とならないよう、お気をつけください。
posted by 万願寺 at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月18日

ご先祖さまのお墓参りへ行ってきました。

写真.JPG子供が大きくなると、なかなかまとまった休みがとれません。お盆は総出で実家の墓参りへ行ってきました。

立派な墓石は日露戦争でなくなられたご先祖さまのもの。代々の墓はふもとの共同墓地に移転して、山の斜面にはいくつかだけが残っています。ここでしゃがんでお参りすると、いつも背中から滑り落ちそうな気がしますが、おかげさまで一度も怪我したことはありません。
posted by 万願寺 at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月14日

誰でも知ってるあのサイトに、私のプライベート写真が掲載されました。

ストビューデビュー.jpg居ながらに世界中旅が出来るgoogleのストリートビューに、ボーっと歩いてる私の姿が掲載されてしまいました。もちろん文句があるわけじゃなくちょっとうれしい。

今年の春、桜がきれいに咲いてるのでちょっとお城を回って出勤するかと、堀端を歩いてるとき、それっぽい車とすれ違いました。あらかじめ心構えがあれば、いかしたポーズでも決められたのかもしれませんが、コートを着て鞄を襷がけにしてボーっと歩いてる平凡な姿なのが残念。かろうじてカメラ眼線はキープしましたが、顔にはぼかしが入ってそれも判断つきません。

みなさんもいつ何時、ストリートデビューするかも知れませんので、スト車とすれ違ったらこのポーズをとろうというのを決めておいた方がいいかもしれません。
posted by 万願寺 at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月29日

ハンググライダーのはなし

もう、20数年前ハンググライダーをしていました。
ハンググライダーは講習生のA級から始まって、B、C級を経由してやっと一人立ちできるパイロット証を取得できます。私は数年かけてパイロット証の学科合格までは取れたのですが、技能が追いつかずC級どまりでした。

C級は山から飛ばしてもらえます。私的に一番難しいのはやっぱりテイクオフの時。
断崖絶壁に20mほど、高飛込の飛び込み台のような板が滑走路です。向かい風が気持ちよく入ってるときには、機体を構えて数歩踏み出せばもう飛べるのですが、風が弱いと、全力で飛び込み台を駆け降りて板を踏み外した途端に、ガクンと体が沈みます。眼前に斜面が迫ってくるのですが、ここで機種を上げるとすぐ失速して墜落してしまうため、斜面ぎりぎりを維持します。やや速度が出てもターンを切ればすぐに高度が落ちますので、まっすぐ飛んで速度が上がるに従ってゆっくりと機種を上げていきます。

ハンググライダーは風をねじ伏せる力を持たないため、常に風の音を聞き、機嫌をうかがいながら飛んでいました。
嫁をもらい子供が出来ると怖くて飛べなくなってしまいましたが、いまも坂道などで向かい風が気持ちよく入ってくると、「ちょうど今なんだけどなぁ」なんて思ってしまいます。


--------------------
sent from WILLCOM 03
posted by 万願寺 at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月17日

2千年後の学者は、タワーマンションは豪族の墓だと言ってると思う。

古墳:多くの人足を使い十数年を費やして作られた、豪族の墓。
たしかこんなふうに教えられたと思うのですが、非常に違和感がありました。そもそも何のために作らなきゃいけなかったのかがわからない。戦国時代のように権威を見せつけなければいけないほど群雄割拠してた時代とも思えないし、人生40年の時代に十数年もかけて墓を作ってる意味がわからない。そんなところへこんな記事。

小名木善行 ねずさんの ひとりごと 古墳のお話
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2697.html

古墳は、荒れ地を開墾して出てきた土砂の盛り土。大規模な開墾が進むに従い土砂の量も増え、しっかりとした方法で積み上げなければ崩れるため技術が進歩。古墳も大きくなる。
土だけでは崩れやすいため、石垣のように石を噛ましたいが大量の石がないため、土を焼いて石とする(埴輪)。
やがて、治水技術が進むと堤防の建設などに土砂が必要になり、古墳は次第に小さくなっていく。

目から鱗でした。あーなるほどって歴史が学べたら、もっと勉強が好きになってたんじゃないかと思うのですが。


--------------------
sent from WILLCOM 03
posted by 万願寺 at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月07日

さっそく、若冲と蕪村の展覧会へ行ってきました。

7月4日の土曜日、ミホミュージアムでの特別展に行ってきました。小雨が降っていたためか混雑もなくゆっくりみることが出来ました。

若冲の鮮やかな色彩と精緻な筆遣いを期待していたため、水墨画中心のスケジュールは残念でしたが、野菜の涅槃図や五百羅漢、えんどう豆とばったなど、よかったです。

展示録を購入しスケジュールと検討したので、私的にベストな展示スケジュールであるところの8月4日から9日の間にもう一度見に行こうと思っています。


--------------------
sent from WILLCOM 03
posted by 万願寺 at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月06日

英検3級を受けてきました。

ちょっとした、きっかけというか事情がありまして、英検3級を受験することになりました。中学卒業程度の3級とはいえ、中学ですでに英語で落ちこぼれた私としては非常に不安であったのですが、そこは経験も積んで試験の受け方の要領も見に着けていたので、1次試験はなんとかクリアしました。で、週末に2次試験。英検に2次試験があるなんて初めて知りました。

2次試験は、面接試験。最近、面接を受ける機会が増えましたが、面接試験で緊張することなどなかったのですが、今回初めて緊張しました。

「め、あぃかむいん」といって入る。
入ったとたんに「はろー」という。
面接官の日本人の先生に「ぐっもーにん」という。
・・・
もう、なにもかも恥ずかしい。
最後の質問なんて、質問の意味がわからない
係官「きゃんゆー・・・・−る?」
私「・・・?」
係官「きゃんゆー・・・・いーめーる?」
私(おー、メールを使うかってか)「いえーす」
係官「(英語で、たぶんさらにどうぞって言ったような)」
私「???、あ、あいどんとのー」

貴重な体験をさせていただきました。


--------------------
sent from WILLCOM 03
posted by 万願寺 at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月01日

若冲にひたりたくて、7月は美術館通いの予定です。

あべのハルカスのこんぴらさんの展示が、来週末(7月12日(日))までとなってしまいました。

昔も今も、こんぴらさん。─金刀比羅宮のたからもの─ | あべのハルカス美術館
http://www.aham.jp/exhibition/future/konpirasan/

私は、展示会が始まったときに産経新聞で紹介されたのを読んですぐに行ってきました。
円山応挙の虎もよかったのですが、目的は伊藤若冲の「花丸図」。感動しました。襖絵4枚ももちろんすばらしかったですし、その前に立てかけてあった部屋の実物大写真の前に立つと、目が眩みそうでした。

その若冲の作品百点以上が展示される特別展が7月4日(土)から滋賀県で開催されます。春に東京で開かれたものです。

2015年夏季特別展「若冲と蕪村」チラシ拡大 - MIHO MUSEUM
http://www.miho.or.jp/japanese/collect/archives/2015/su01ab.htm

MIHO MUSEUM
http://www.miho.or.jp/japanese/collect/archives/2015/jab/hdjab.htm

若冲と蕪村の絵がそれぞれ約百枚。一度には展示されなさそうなので、何回か通う必要があるかもしれません。


--------------------
sent from WILLCOM 03
posted by 万願寺 at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする